2018年2月4日日曜日

【意外とあった】シンスケ・ナカムラ(中邑真輔)のテーマ曲遍歴 2002~2018【ロイヤルランブル優勝記念】



2018年、世界最大のプロレス団体WWEでシンスケ・ナカムラ(中邑真輔)が日本人としてはロイヤルランブル優勝という快挙を達成!


今回は優勝記念としてシンスケ・ナカムラ選手の歴代テーマ曲変遷をピックアップ。



※あくまで完全版ではない。


まずは現在使用している入場曲から

CFO$ - 「Rising Sun」

主な使用時期:2016~


WWE入りした2016年から使用しているテーマ曲。

2018年2月現在、Youtubeで2500万回再生されている超人気曲ですっかりシンスケ・ナカムラのテーマとして定着。
2016年4月に配信が始まってすぐitunesでランキング1位になるなど話題となっていました。

程なくしてヴァイオリニストのリー・イングランドJr氏の前奏を加えた「The Rising Sun (feat. Lee England Jr)」版で入場するようにもなりました。



一度聴いたら忘れられない楽曲の作風は中邑選手の意見が大きく反映されているそうです。(「週刊プロレス」2016年インタビュー記事より)

戸谷勉 - Moving City

主な使用時期:2002~2004



中邑選手初めての入場テーマ曲。

2年弱の使用期間ながら、総合格闘技参戦やIWGP初頂戴など非常に濃い2年間を象徴する1曲となっています。

2009年9月27日、「猪木発言」で話題となった神戸大会のIWGP王者決定戦において久々に使用。
この時は後述の「Subconscious」を前奏に加えた2曲合体バージョンを使用。

JULIA CLARIS - Subconscious

主な使用時期:2004~2016



新日時代の中邑選手を象徴する1曲。
ドーム大会のボブ・サップ戦から新日本プロレス退団まで足掛け10年以上使用。

この曲に対する中邑選手の拘りが多重ロマンチック様の該当記事掲載されております。


Nightwish - Over The Hills And Far Away 

主な使用時期:2003~不明





テレビ朝日の番組「ワールドプロレスリング」内における中邑選手の紹介VTR等で使用。
云わば「神の子」中邑専用BGM。楽曲のオリジナルはゲイリー・ムーア

当時のワールドプロレスリングはNightwishの楽曲がBGMとして頻繁に使用されていました。

2006年10月の凱旋試合(蝶野・中邑vs長州・中西)では前述のSubconsciousの前奏として使用されていたという情報も。


Papa roach - Between Angels And Insects

主な使用時期:2011


中邑選手にとって大きな転機となった2011年のCMLL遠征前半戦にて使用。
Wikipediaにも載っていないテーマ曲。
現地で用意されていたのか、中邑自身が使いたがったのかは本人のみぞ知る。



Michael Jackson ft. Fergie - Beat It 2008

主な使用時期:2011



2011年のCMLL遠征後半戦にて使用。MJのオリジナルではなく当時の最新リミックス版というのがミソ。
こちらもWikipedia未掲載
入場時にはムーンウォークステップを披露するなどのノリノリ。

なお数年後のイベントで「いつもの曲とは違った入場シーンが観たい」とのリクエストに対して中邑選手は「Beat It」をチョイスしていました。



2018年1月9日火曜日

2018/1/4 ワールドプロレスリング特番 「新日本プロレス レッスルキングダム12」 中継で流れたBGMまとめ【WK12】

あけましておめでとうございます。
本年も当ブログを宜しくお願い致します。

2018年も行ってきました!(2017年はこちら)

毎年恒例、
1/4 新日本プロレス 東京ドーム大会、レッスルキングダム 12





今年は「みんなでプロレス!イッテンヨン!!」をキャッチコピーにSPアンバサダーにSKE48の松井珠理奈を迎え、幅広い宣伝を展開し、34.995人の動員を記録。
現地で観戦した私視点でも、ここ10年の中で最も多く埋まっていると実感しました。


テレビ朝日では毎年1/4ドーム大会の中継をワールドプロレスリングSPと題して延長枠で即日放送しているのですが、今年は1時間41分の時間拡大(1:10 ~ 2:51)で放送。


今回は当番組で放映された煽りVTRを中心とした大会BGMを紹介します。


レッスルキングダム12中継で流れた

BGMまとめ 



レッスルキングダム11中継のBGMまとめはこちら

・オープニング



北村陽之介 - レッスルキングダムのテーマ

Emerson, Lake & Powell - The Score




毎年お馴染みの大会テーマソング & 毎週恒例のOP曲。

今回のOPは主要ゲストのコメント ~ ケンドーコバヤシナレーション*1による紹介映像という流れでした。

今回のゲストは大会SPアンバサダーの松井珠理奈、松木安太郎、蝶野正洋という面子!

この4名は去年に引き続き参加


やってやるって!


・飯伏幸太 vs Cody 煽りVTR



1曲目
Cash Cash - Here and Now feat Kerli 



2曲目
The Qemists - Jungle feat. Hacktivist





ワープロご用達のEDMサウンド、新年一発目はCash Cash。2曲目はミクスチャーバンドThe Qemistsの一曲。

日米イケメン対決と銘打たれた一戦を熱く盛り上げます。


イケメンCody(永田さんとの対戦希望)

・棚橋弘至 vs ジェイ・ホワイト 煽りVTR



1曲目
Steel Panther - Anything goes 



2曲目 The Datsuns - You're No good 




正統派(?)なメタルサウンドのSteel pantherとニュージーランドのハードロックサウンド、The Datsuns の2曲が使用。
両方とも明るい曲調ですが、煽りVでの棚橋は膝の負傷もあるのか妙に元気がないです。
割とテンション低めの棚橋

ちなみにSteel Pantherは後述のクリス・ジェリコと親しく、ジェリコ率いるバンドFozzy*2との対バン歴もあります。

下の動画は2014年のライブにおけるジェリコ達&Steel Pantherのセッション映像。みんな楽しそう!




・オカダ・カズチカ vs 内藤哲也 煽りVTR



Cash Cash - Hideaway



本日2回目のCash Cash。
ワープロスタッフの熱い推しを感じます。

ケイオスな状況

・鈴木みのる vs 後藤洋央紀 煽りVTR



1曲目
・・・調査中
2曲目
和楽器バンド - 戦 IKUSA




1曲目はEPIC感溢れるBGM。
恐らくTwo Steps From Hell辺り?

2曲目は数少ない邦楽の選曲。
公式による丁寧なコラ画像(下記画像)のシーンで流れていました。


・ケニー・オメガ vs クリス・ジェリコ 煽りVTR


1曲目
Nickelback - This Means War



2曲目
Two Steps From Hell - Sons of War




先述のSteel Pantherと対バン経験のあるロッカー兼レスラー、クリス・ジェリコとメガマン大好きケニー・オメガのBGMは骨太ロックサウンドとエピックミュージック!


Ω vs α

一曲目はWWEの大会「エリミネーション・チェンバー」2012年度の公式テーマソング。


エリミネーション・チェンバー2012のCM

ジェリコは同大会にも出場経験もあり、その繋がりからの選曲でしょうか。

2曲目は演奏時間2分弱ながら、最初からクライマックスのテンション上がる曲です。


記者会見で机投げするジェリコ氏

ED曲



K - Story
収録アルバム「Storyteller」


2017年12月に引き続いてのファイティングミュージック!
2018年1月24日に発売のニューアルバムからの一曲。
一文字の名前は検索泣かせです。



いかがだったでしょうか。

2017年の新日本は例年以上に選手たちを中心としたメディア露出などで一般層にアピールを続けた一年でした。
これからも引き続き特番が放送されていくことを期待してやみません。

鈴木みのる vs 後藤洋央紀 煽りVの一曲目をご存じの方がいらっしゃいましたらお気軽にコメント欄へ。



*1: ワールドプロレスリングでナレーションを務めるのは2007年5月5日放送の永田vs越中のIWGP戦 煽りVTR以来

*2:1999年結成のハーロドックバンド。ジェリコはボーカル担当。今大会のジェリコの入場曲はFozzyの新譜に収録されている「Judas」 を使用。